読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフィロックからの今年の振り返り

こんにちは、そもさんです。
 
年末なので重い腰を上げてブログを書くことにしました。
 
 

 

 
まずアフィロックの振り返りから
 

f:id:sinktankd:20151231112618j:plain

 
 
 

アフィロックは本当に最初から最後まで最高のイベントでした。

 

大成功としか言えないくらい、楽しくて、しかも感動できるものでした。

 
 
 

自分はセミナーは抽選が全部外れちゃったんですが

 
 

特に

 

ツイッターでいつか会いたいと思っている人に会えたこと、
・侍セミナー、島売りを見れたこと、
ASPさんや、広告主さんとガッツリお話しができ、新しい
・ジャンルに参入するきっかけがつかめたこと、
・ライブがめちゃくちゃカッコよかったこと

 
 
 

など今思い返してもその時の感動がありありと思い出せます。

 
 
 

自分としてはアフィロックをきっかけとして、新たに複数のジャンルに取り組むことになりました。

 
 
 

本当に心から楽しめるイベントでしたし、これを実現してくれた運営の方々一人一人は本当に素晴らしいなと思います。

 
 

作業時間を削って企画、開催してくださった方々には心から感謝します。ありがとうございます。

 
 
 

あれだけのイベントはかなり力のある人達のチームプレイなくしてはできなかったと思います。

 

更にアフィリエイターでもこんな大規模で本格的なイベントを成功させることができるんだということを知れて驚きですし、なんだか嬉しかったです!

 
 
 

準備が半年間にも及んだということでお疲れ様でした。本当にありがとうございました!

 
 
 

アフィロック以降のクローズドのグループ化の流れについて

 
 
 

アフィロック以降は少数のグループができる。
ということがよく言われています。

 
 
 

確かに今後は目標金額や、自分達のライフスタイル、さらに取り組んでいる手法やジャンルによってグループを作っていく動きになっていくんじゃないかと思います。
 

 
 

(あらかじめ言っておきますが、ここからの話では目標金額の先に達成したいことは人それぞれもちろんあるとして話題に出していません。)

 
 
 

・そこまでアフィリ報酬は求めないけれど、とにかく仲間を作って楽しみたい人
・同ジャンルの人と情報交換をしたい人
・報酬金額がある程度まで行ったらとにかくウェイウェイしたい人
・自分の目標金額に達するため自分よりも稼いでいる人と交流を深める人
・自分の目標とする報酬金額に達するまでひたすら誘惑を退け作業に徹する人
・アフィリは目標金額を達したから、それ以上の自己実現や幸せを目指す人

 
 
 

他にも色々なスタイルがあると思いますが、そのどれかがダメとかそういう話ではないと思います。
それぞれの価値観なので、それは曲げられないと思いますし、曲げる必要はないです。

 
 
 

なんとなく思うことは目標とする報酬金額や自分の実現したいライフスタイルに対して似たような考えを持つ人達がそれぞれ深い絆のグループを作っていくと、最終的な目標を達成できるかできないかということにおいていい結果が出るのではと思います。

 
 
 

というか、そういう形のグループが自然とできていくのではないかなと思っています。

 
 
 
 

もちろん自分と全く別の考えの人と全く交わらないとか、報酬額が自分と同じレベルの人だけと情報交換をするとかそういう話ではないです。

 
 
 
 

人それぞれ目標とする金額も違います。

 

ある人は100万円あれば十分で、あとはできるだけ好きなことして暮らしたいという人がいれば、別の人は8桁コンスタントに超えていないと意味がないという人もいます。

 
 
 
 

重ねて言いますが、ここはそれぞれの価値観なのでそれがダメとかそういうものではなく、各々がその目標が達することができるまで貫き通せばいいのでしょう。

 
 
 

そして、その目標を同じくする人達が集まるグループが同じ目標に向かっていくことでそれぞれの目標が達成しやすくなるのかなと勝手に思っています。

 
 
 

自分のことを貫き通すために誰かに気を遣う必要はない

 
 

(ここからは最近毎月静岡で行っている、魂の軍師さんという講師を招いたビジネス系の勉強会で言っていた考えとアフィリの話を絡めています。)

 
 

各々の報酬金額の目標を達成するための行動をしていく際に誰かに気を遣う必要は一切ないと思っています。

 

 
 

ツイ禁したければすればいいし、全てを忘れて集中したければそうすればいい。

 
 

修羅のごとく報酬を伸ばしたければ伸ばし切ればいいわけです。

 
 
 
自分がいいと感じたり、やりたいと思うことなら、法律に反したり人を傷つけたりしなければそれが絶対的に正しいわけです。
 
 
 
理屈で正しいとか、間違っているとかは気にしなくていいと思います。
 
 
 

それが自分の選んだ道なら納得のいくまで貫きとおせばいいわけです。


そうじゃないと絶対後悔すると思います。

 
 
 

大事なのは自分が「本当にしたいこと、成し遂げたいこと」に集中すること。
誰かに気とか一切使う必要ないです。

 
 
 

一言で言えば集中力が本当に大事だと思います。
人生は一度しかないので、本当に自分の成し遂げたいことを成し遂げられないと後悔するでしょう。

 
 
 
 

誰かに言われたからとかじゃなく、自分の気持ちに素直になってやりたいことをやっていけばいいんです。
人生一度しかないので。

 
 
 
 
 

報酬金額が増えれば増えるにつれて、できることも増えていきます。

 
 
 
 

今まではセミナーに行くために高速バスしか使えなかったのが、報酬が10倍になったことによってグリーン車に乗れたり、

 
 
 

外食で結構高い座れるお寿司屋さんに行けたり。海外旅行に年に何回も行けたり、

 
 
 

今の金額で楽しむことよりももっともっと楽しいことができるようになります。

 
 
 

うらやむ必要はない、むしろ励みにする

 
 
 

みんながなーしてるとか、みんながお金を使っているとか、そういうのを見てまだそのレベルまで稼げてない人が、自分もやりたいからと無理をしてやってお金を使い果たしたり、うらやむ必要は全くないと思います。

 
 
 
 
それぞれのステージによって使えるお金が違うわけですし、
 
 
 
 
そういう人達も昔は稼げていないレベルに属していたわけであって、その報酬金額が稼げる仕組み作りをやり切ったからそのような結果が得られているわけで。
 
 
 
報酬が伸びていけば自然と自分もそういうことができるようになってきますから。むしろ励みにしていけばいいのかなと思います。
 
 
 
結果を出すために逆算したことから逃げて、中途半端にして最後までやり切らないと当然その結果も出ないし、現状は変わらないということになるでしょう。
 
 
 
1+1の努力で10や20の結果を出すのは絶対に不可能です。
 
 
 
 
まだ目標達成段階なら、近視眼的な欲求を満たしまくるのはあくまで息抜きくらいに留めておくのがいいのかなと僕は思ってます。
 
 
 
 
アフィリエイトをやっている人はやっぱりある一定の報酬金額を達成したいとか、報酬金額を伸ばすよりもホワイト縛りで報酬をこのぐらいの金額まで安定させたいなどの達成したい目標があると思います。
 
 
 
ツイッターやっていると、どうしても華々しく稼いでいる人達を見て自分と他人を比較して、不安になったりしてしまいますよね。
 
 
 
ふと誰かのことがうらやましくなった時、自分の心に「自分が本当に達成したいことはなんだろう」と問いかけてみれば、やるべきことが見えると思います。
 
 
 
他人との比較は相対的な評価ですが、それは不安を生み出す元となります。
 
 
 
そうではなくて、自分自身の成長に目を向けていくことで過去よりも成長できている自分が確認できます。
それで達成感や自信もついていきます。
 
 
 
なんだかんだで自分のやりたいこと、やるべきことに集中する、ここが一番大事だと思います。
 
 
 
 
目標達成すれば世界が変わるわけですし、2年や3年死ぬ気で作業したって死ぬことはないはず。
 
 
 
 
自分の思ったことや成し遂げたいことは、誰も止めるワケじゃないですし、「やりたいんだったらやればいいんじゃね?」と思うわけです。
 
 
 
自分の場合は子供もいますし、家族の中で働いているのが自分だけですから報酬が激減すると死にます。
 
 
 
貯金は絶対使いたくありませんし、子供の将来や老後のために一定額を貯金していく必要もあります。
 
 
今年かたらんさんを通して保険を紹介していただいたので毎月一定額を確実に貯金できるようになって不安が少し消えました。
 
ありがとうございます!
 
 
 

そもそも収入が安定しているわけではない以上富豪でもない限り、貯金なんてあってないようなものです。

 
 
 

それに加えてある程度お金が必要な家族でやりたいこともあるのでそのためのお金も必要です。

 
 
 

なので今よりも最低でも4段階くらい高いレベルで報酬平均を維持しないといけないと思っています。

 

ただ、時間を考慮して計算するとそれでも足りないくらいです。

今後必要なお金に関しても自分基準で色々考えた結果こういう結論になりました。
 
 
 

今年の感謝したいこと

 

今年色々ありましたが、まず大きなイベントが
ぽるぽるさん、ど田舎さんと共同でアパートを借りてそこで仕事をするようになったことです。

 
 
 

今までは完全に家でやってたので、これは大きな変化でした。

 
 
 

やっぱり人がいると人の目効果で集中しやすいですし、かなり快適です。

 
 
 

ちょっとわからないことがあったら聞きたいことがすぐに聞けますし仕事もはかどります。

 
 
 

それまではストレートネック気味になっていたんですが、椅子をエルゴに変えたことと、ここで仕事をするようになってからそれが解消されました。

 
 
 

ど田舎さんはプログラム系のことが詳しいので、そういうことを聞けばかなり適格に教えてくれますし、ぽるぽるさんはいつも人のためになることをしてくれるのでかなり助かっています。

 
 

まずこの2人にはすごく感謝しています。

 
 

お互いにもともと全く知らなかったのが、2月に知り合ってから7月から共同の仕事場で仕事をするようになったわけですからね。

 

本当にすごいと思います。

 
 

そしてその事務所に遠方から来てくれる人がいたのでそれもすごく良かったです。

 

多分将来的にはバラバラになるわけですが。

 
 
 

あと、最初は家から事務所に行くために車がなかったんです。

 

その時にがんだむさんが知り合いの中古車屋さんを紹介してくれて、名古屋のオークション会場で車を競り落としてもらったのも感謝しています。

 
 
 

別に通勤で使えればいいし、かなり古くて安いのでいいやと思ってたんですが、子供のことも考慮してくれて、室内が広いステーションワゴンを紹介してくれたのでそれにしました。

 
 
 

今でもかなり快適ですしとても感謝しています。

 
あとは今後のアフィリでとても重要なこととなることを教えてもらいました。それはかなり大きかったです。
 
 
本当にいつも色々な人の役に立つ行動をしようとしているがんだむさんは心底親切な人ですし、尊敬のできる方です。
 
 
 
本当にありがとうございました!
 
 
 
 
あとは感謝したいのがアクセルさんです。
 
その理由が自分がちょうど身に着けたいと思っていたアフィリの技術を教えるために、少人数のチャットワークグループを作ってくれたことです。
 
 
 
自分がお願いしたわけではないのでたまたまです。だからラッキーでした。
 
 
 
しかも10月のある日突然「理解できていないことがあったらここでなんでも聞いて下さい。」ということでチャットワークグループに招待されました。
 
 
 
しかもみんながする質問に対してかなり丁寧に、かなり適格に答えてもらっているので、アクセルさんは本当に教えることが好きなんだなということを実感しました。
 
 
本当にありがとうございました。
 
 
 
その日からアクセルさんに対する見方が180度くらい変わったと言ってもよかったかもしれません。
 
 
この人は本当にいい人だと純度100%で信じ切りました。その感じた気持ちは二度と覆ることはないでしょう。
 
 
 
それに加えて静岡の人達に稼いでほしいという気持ちが強いんだなということをここで感じてなんだか感動したわけです。
 
 
 
なぜか最近は「そもさんのことは完全に信用しているし、裏切るようなことは絶対にない」
って言ってくれるんですが、
 
 
もちろん裏切らないですし、裏切るとか裏切らないとかのレベルではなく、信頼しきっています。
 
 
完全に信用してると言われる度に自分は「人を信頼するってこういうものなんだな」って思うようになってきました。
 
 
 
相手のことを信頼するっていうのはまずこちらが相手に対して全力で信頼することなんだなと。
 
 
 
近くで接していれば分かりますがアクセルさんは怖いとかそういうことは一切なくてむしろアフィリに関してすごく丁寧に優しく教えてくれます。
 
 
 
勉強会などを何度も開催していることからもわかる通り、本当に教えることが好きなんです。
 
 
 
加えて実際に8桁稼いでいる方なので、信頼できる答えを得ることができます。
 
 
 
もしもアフィリやっていてわからないことがあれば、アクセルさんの勉強会に出ることをおすすめします。
 
 
 
あと感謝したい人は事務所に来てくれた、旧ゴマ太郎さんや、軍師さん、ぽっぱいさん、ちるぼさん。
 
 
一緒にアフィリ勉強会ができてかなりためになる学びを得ることができました。
 
 
他には、色々教えてくれたぶらっくさん、とにかくゲスいくりやんさん他、みんな報酬が伸び盛りの人達ばかりでした。
 
 
 
他にも感謝したい人はたくさんいますが、全員は書けないのでこれくらいにしておきます。
 
本当にありがとうございました!